互いに素

徒然草の下位互換

非リア充たる人々はリア充を叩くべきでない

リア充、なんと甘美なる響きであろうか。

「リアルが充実している」の略語であるこの言葉は多くの場合、「恋人がいる状態」を指す。

もちろん恋人関係の末期等であれば「充実」とは到底言えないかもしれないが、その他の期間であれば多くの場合充実しているとして問題ないだろう。

さしずめQoLの権化と言ったところである。

 

リア充、なんと哀愁漂う響きであろうか。

前述のリア充に否定の接頭辞「非」が加わることでなんともいえない、孤独、寒さと言ったものが感じられてくる。

 

そして基本的には、非リア充リア充を妬み嫉み嫉妬に狂い、Twitter等のSNSで罵詈雑言浴びせることが多い。

その状態に待ったをかけたい、これが本記事の主旨である。

 

ちなみにかく言う私(関東地方在住 17歳男性)は議論の余地なく17年間非リアである。(リア充であればこんな記事を書いてる暇があったら恋人との時間を楽しんでいるのであるから当然である)

 

多くの場合私のような非リアの意見は

「非リアが何か喚いてますよ笑」

で済まされるが今回はその限りではない。

非リアたる私が非リアに意見するのだ。これはいわば対等な立場、むしろ専門家による分析なのだ。どうか最後までお付き合い願いたい。

 

 

...

 

 

非リアはなぜリア充を叩くのか。

これは前述した通り嫉妬が主に起因しているものであると考えるのが自然であろう。

リア充爆発しろ」などの定型表現(もはやこれは非リアの鳴き声と化している)

「人前でイチャイチャするな、目に毒。」などの実害訴え型

「そもそも彼女(彼氏)に時間やお金を使うなんてもったいない」などの交際無駄論者

等々叩き方にもかなりの種類がある有様である。

なるほど確かに街中を見ると一定数、過度にいちゃついてる人がいたり、信じられない金額をパッと使う人たちも存在する。

一見すれば非リアの言うことにも一理ありそうである。

 

 

では以上を踏まえた上でなぜ我々非リアはリア充を叩くべきでないかについて話していくが、その前に非リアを

①以前はリア充であったが今はリア充でない

②生まれてこのかたリア充であったことがない

の二つに分類する。結局のところリア充を叩くべきでないという結論に変わりはないがこの2つのタイプは叩くべきでない理由が異なる。

 

①の場合

まずこの場合であるが、まず

「お前は頭打って記憶でもなくしたんですか?」

ということを言いたい。

このパターンであると叩くべきでない理由は明白であるが一応述べておくと、この場合は自分がリア充として、今自分が不快に思っていることそのものを体現していた可能性があるから、である。

こんなことを言うと「私はそんなことしてません」などと言う声が聞こえてきそうである。

僕はこの声には疑問を上げざるを得ない。

先程も例に挙げた「人目につくところでイチャイチャするな」を考えてみよう。

 

まず冷静になってそのようなカップルの様子を観察してみると意外にもそこまでいちゃついていない、と言う事実に気付くはずである。

確かに恋人繋ぎをして寄り添っていたり、「イチャつき」ともとれる行為自体は存在する。

しかしこれはあくまで行動の一部を切り取って観察した場合であり全体としてみるとそこまでいちゃついていないことが多い。

だってそうだろう、いつまでも恋人繋ぎで寄り添ったままで物事を進行できるように建物や道路、はたまたイベントなどは出来上がっていない。

そうした時には適宜離れ、ある程度の距離をしばらくは保つということも多い。

その程度だったらあなた方が「現役リア充」だったときにも流石に経験はありそうだとは思わないだろうか。

一瞬たりとも外出先で恋人繋ぎをしたことがない?

一瞬たりとも寄り添ってみたりしたことはない?

流石に心当たりが出てくるだろう。

 

リア充であった皆様であれば理解できるようになると思うが、SNSなどで矢面に立っている所謂イチャつきなどは長い交際という行動の中での切り取りであるということが多い。いわば行動の切り取りであり、非リアが叩くために都合のいいように解釈できる部分の総体であり、そんなものを根拠に叩くべきではないということが理解できただろう。

 

そう、我々非リア充が感じるイチャつきへの憎悪など、せいぜいその程度のことを局所的に観察し、拡大的に解釈してしまったが故に起こるものにすぎない。

ゆえに非リア充たるあなた方はリア充を叩くべきでないのである。

 

え?ここまで読んでも一度もそんなことをしていないって言えるって?

そりゃあご愁傷様。その場合は脳の検査に行くか、その彼女(彼氏)とかって定義されていたものが地球上に存在していたかどうか、もしくはその定義を一度調べたほうがいいかもしれないな。

 

②の場合

こちらの場合はこの中でも細かく場合分けが必要になるが今回はあくまでこのグループに属する人の最大多数が属する点について述べていく。よって以下のことが必ずしも当てはまるということはないしれないがご容赦いただきたい。

その点とは

「お前らは恋人を作る努力をしてきたのか」

である。

 

ここでいう恋人を作る努力とはSNSで「恋人欲しい〜」と呟くことでも二次元のキャラクターを勝手に嫁と定義することでもない。

「頭髪、服装などに気を使い、洒落たり清潔に保つ」や「異性と会話をし、深く関わろうとする」などのことである。

このようなことをなくして「自分に恋人がいないのは顔が〜」と騒いでみたり、あまつさえ「リア充がかくかくしかじかでうざい」などとほざく権利はない。

 

 

前述の「交際にお金を使うことが云々」とのたまうの人はこのタイプに多いと私は考える。

では本当に交際にお金を使うことは無駄であるのか。

 

まずなぜ交際にお金を使うことを無駄と考えるのか。おそらくそう問われた時に多い回答が「別れた後に何も残らないから」か「恋愛にそこまでの価値を感じないから」であろう。

なるほど確かに別れた後に関してその人につぎ込んだお金、というものは一見無駄に思える。関係も疎遠になったり、確かに金額に見合ったものが物質として残るかと言われれば疑問符がつく。

 

であれば自分のお金の使い道はどうなのか。

スポーツであったり勉強であろうか?

はたまた音楽であったりゲームであろうか?

新しい道具や自分を着飾る化粧道具や服だろうか?

今挙げた例は例外を許さずのちに何も残らなかったり、はたから見ればそこまでの価値を感じないものである。

 

スポーツや勉強にお金をつぎ込みそれを楽しむ、なるほど有意義に思える。

だがスポーツが嫌い、勉強が嫌いと考える人から見れば無価値である。

ゲームや音楽、服や化粧道具、身近な道具にお金をつぎ込む、なるほど生活を豊かにしそうである。

だがそれに飽きた、ないしは壊れた、使い切った場合はどうであろうか。捨てたり売ったりするかもしれないが一体何が残ったというのか。

 

結局はお金の使い道などというのは、立場、趣味によって大きくその価値の見方が変わる。

人は皆そこに魅力を、ある種の心の拠り所を感じるからそれにお金をつぎ込む。何も残らないから無駄という理論はそこに介在し得ない。

 

自分が満足できるか、否か

 

論点はそこなのである。

そしてたまたま恋人に魅力や心の拠り所を見出したものが、彼あるいは彼女のために惜しみなく投資をするのである。

その魅力などを批判する権利は自分たちに何か好きなものがある限り存在し得ない。

そう非リア充リア充叩くべきではないのである。

 

...

 

 

ここまでつらつらと述べてきたが如何だっただろうか。私自身の拙い日本語ゆえに読みづらいところもあったかもしれないがこれが私の思う非リア充リア充を叩くべきでないと思う理由である。果たしてここまで読んだ人が何人いるかわからないが少しでも心に残るものがあれば筆者冥利につきるといったものである。

以上暇人非リアの戯言でした。